SEOで最も重要なコンテンツマーケティングとは?初心者でもできる4つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティング

自社のWEBサイトを一生懸命運営しているのに、どうしても難しくなっている問題。

それが、「SEO対策が全くできていない」ことではないでしょうか。

自社ではそんな知識を持っている社員はいない。

苦肉の策で外部のSEO対策会社にお願いしてみたが、あまり結果が残らない。

無駄に費用を払ってしまい、上司からも怒られてしまった担当者は多いのではないでしょうか。

そこで、いろいろ調べているうちにインターネットで気になるワードを発見。
それが「コンテンツマーケティング」です。

ここではSEO対策とコンテンツマーケティングについて、見ていきますので、参考にしてください。

1. SEOのコンテンツマーケティングとは確かな情報と価値を与えてあげること

そもそも、コンテンツマーケティングとはどういうものなのでしょうか。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益で尚且つ、説得力のあるコンテンツを提供できることを表します。

つまり、ユーザーにとって知りたい情報で、役に立つことを知ることができる、というメリットがあります。

1-1.Googleが良質なコンテンツを求めるようになった

なぜWEB上では、コンテンツマーケティングが推奨されているのか。

それはGoogleが求めているものが、コンテンツマーケティングと一致しているからです。

一昔前まで、Googleの検索結果の内容はヒドいものでした。

調べたい内容があるのに、信ぴょう性のないランキングサイトだったり。

さらには、誰が書いたかわからないコンテンツだったり。

当然、それらが上位表示されていれば、ユーザーとしてその内容を信じてしまうもの。

ウソの内容が書いていたたとしてもです。

例えば、健康に関する情報で信ぴょう性のないことが書いていたとしたらどうでしょうか。

信じて実行してしまった結果、健康に害を及ぼしてしまうことに。

それらを排除しようとした結果、Googleは信ぴょう性のあるコンテンツを上位表示するようになりました。

つまり、下手なランキングサイトやアフィリエイトサイトは圏外に。

対して、コーポレートサイトや病院など、誰もが信じるであろうサイトが上位表示される傾向に変わりました。

1-2.なぜコンテンツマーケティングがいいのかどんな価値があるのか

コンテンツマーケティングと一口に言っても、初心者からすれば複雑な内容に捉えられがちです。

コンテンツマーケティングそのものは、テクニックや技術が不要というメリットがあります。

ですから、WEB初心者でもやり方さえ間違っていなければ、問題なくできてしまいます。

2 SEOコンテンツマーケティングを意識することでサイト全体の評価が上がる

では、SEO対策をするうえで、コンテンツマーケティングを施策した結果、どのような改善ができるのでしょうか。

1-3.ユーザーからの信頼度が向上

前述したとおり、正確な情報にもとづいたコンテンツが、ユーザーからの信頼度が高まります。

医療機関に属していないのにも関わらず、ほねつぎのようなコンテンツを作ったとしたらどうでしょうか。

作った側も罪悪感があるでしょうし、見る側としても騙されてしまうことにも。

ですが、コンテンツマーケティングを意識することで、ユーザーからの信頼度が高まり、Googleにもアピールできる可能性が高まる、ということです。

1-4.コンテンツそのものが資産に変わる

WEBサイトを公開した瞬間に、コンテンツそのものが資産に変わります。
それはどういうことか。

コンテンツを公開するということは、ユーザーからの訪問が期待できます。

また、業種や職種にもよりますが、訪問からコンバージョン(問い合わせ・制約)まで結びつけることができます。

つまり、コンテンツがブランディングや売り上げにつなげることができる、というわけです。

コンテンツの質が悪ければ、ユーザーは二度と訪れてくれません。

対して、コンテンツの質がどこのサイトよりも良ければ、リピーターとしても期待できてしまいます。

SEO対策をするにあたり、小手先のテクニックを重視されがちですが、そうではありません。

デザインも、専門的な技術も必要としません。

いかに、ユーザーによって有益な情報を公開できるのかが肝心と言えるのではないでしょうか。

1-5.多額なコストをかけなくても誰でもはじめられる

コンテンツマーケティングって難しそう。

だからお金がかかるのではないのか、と思ってしまいがちです。

好景気になってきているとはいえ、企業もなるべく無駄なコストを削減したいものです。

その点、コンテンツマーケティングは、お金をかけなくても造り上げることができる、というメリットがあります。

1-6.どうしても難しい場合は外部に安く依頼することもできる

WEBサイトを管理している側からすれば、つねにパソコンのモニターにはりついて仕事ができるわけではありません。

多忙な会社であれば、電話対応や書類業務、雑務など多岐にわたります。

そうなってしまうと、コンテンツ作りに手を割くことができなくなってしまいます。

これはどの会社でもそういう状況になる可能性は高いはず。

そこで、おすすめなのが外部に依頼する方法です。

とくに今は、クラウドソーシングが大流行しており、気軽に発注できるというメリットがあります。

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい企業側と、仕事をしたいユーザーがやりとりできる場所のことを表します。

ロゴやバナー制作はもちろん、記事作成などあらゆることを依頼することができます。

また、予想以上に安く発注することができるため、依頼してしまえば自分の仕
事に集中できる、ということです。

記事作成をお考えでしたら、1文字0.5円~1円くらいであれば、応募はある程度きます。

それ以下にすると、記事を書いたことがないようなユーザーから応募があることも。

ですからいきなり依頼するのではなく、まずはテストライティングでどの程度できるのかを、チェックしておけば問題ないと言えるでしょう。

ただし、記事の書き方や構成などはあらかじめ応募者に伝えておくとベスト。

なぜなら、お任せしてしまうと、とんでもなくレベルの低い記事が納品されて
しまうからです。

クラウドソーシングは、誰でも登録できる分、質の良いユーザーも見つけなければなりません。

ちなみにクラウドソーシングもいろいろありますが、ランサーズやクラウドワークスであれば有名で、ユーザーも多いという特徴があります。

ここまでのまとめ
・信頼できるコンテンツができればGoogleからもユーザーからも認めてくれる
・コンテンツマーケティングは初心者でもできる
・コンテンツ作りに手が回らないのであれば外部に依頼することもできる

2.SEOコンテンツマーケティングの実践形式

コンテンツマーケティングは、初心者にもできるとお伝えしましたが、実際のところどうやって進めていけばいいのか。

また、コンテンツマーケティングをするにあたり、何が重要なのかをチェックしていきましょう。

2-1.キーワードを考える

まずは、コンテンツの要ともなるキーワードを決めることからはじめます。

どんなことでもそうですが、スタートが決まっていないと後々になって修正が大変になってしまいます。

たとえば、キーワードを「ブランド 買取」で設定してみましょう。

このキーワードで想定できるのは、ブランド品を売りたい人が検索する場合がほとんどです。

しかし、そのキーワードに需要がなければアクセスがほとんどない、という現象が起こってしまいます。

せっかくコンテンツを作ったのに、アクセスがないとなるとショック以外のなにものでもありません。

キーワード選びに失敗しないためにやるべきこと。

それがキーワードプランナーで検索してみることです。

キーワードプランナーで見てみると、ブランド 買取の検索ボリュームは1万~10万あることがわかります。

つまり上位表示ができれば、月間でそれだけのアクセスが望める可能性があるということです。

ただし、難易度が中のため競合も多いということを認識しておかなければなりません。

2-2.キーワードの難易度で変更する

キーワードの難易度が高に表示されていた場合、かなりの競合がひしめきあっています。

つまり、上位表示は一筋縄ではいかない、ということです。

そこで、ロングテールキーワードから攻めてみる方法もあります。

ロングテールとは、複数のキーワードを組み合わせたものを表します。

競合が多い「ブランド 買取」を狙うのではなく、それに関係するキーワードで狙うのもひとつです。

検索ボリュームとしては減ってしまいますが、確実に訪問数を増やすためにはこのような選択肢も必要といえます。

ある意味遠回りのようで、近道とも言えるでしょう。

2-3.ペルソナを考える

キーワードが決まれば、次にペルソナを考えます。

ペルソナとは、架空の人物像のことを表します。

さきほどの「ブランド 買取」の例で行くと、どういうひとがお客様になりそうなのかを再度考えます。

ターゲット、性別、年齢、住まい、職業、趣味、年収、はたまた家族構成など、あらゆることを想定してペルソナを作成します。

そうすることで、コンテンツをつくるときに軸がぶれにくいというメリットがあります。

ペルソナの例をざっくりあげてみましょう。

34歳の女性で、専業主婦。
都心部に住んでいて、夫と長男の3人家族で住んでいる。
年収は300万円程度。
趣味はブランド品集め、映画。
芸能人が身に着けているブランド品を調べるのが好き。

このペルソナを設定することで、社内の人間すべてに方向性が伝わりやすくなり、コンテンツも作りやすくなります。

もし、ペルソナを決めていないと、自分だけが理解していて他の人が理解できないという状況に陥ってしまいます。

2-4. 見られるタイトルを考える

SEO対策で重要な項目と言えば、各コンテンツのタイトルではないでしょうか。

タイトルがあまりにも弱かった場合、クリック率が著しく低下してしまう傾向にあります。

狙うキーワードを入れてあげるのは当然ですが、それ以外の補助的な部分も力を入れることで、クリック率は高まります。

2-5.コンテンツの構成を決める

記事を書く前に、必ずやってほしいこと。

それがコンテンツの構成を決めることです。

キーワードやタイトル、ペルソナまで決めたのに、構成がグチャグチャですと何を伝えたいのかがわからなくなってしまいます。

それは、文字数が多くなればなるほど。

そこで、あらかじめ記事の構成(骨組み)を作っておくだけで、いとも簡単に記事作りができてしまいます。

基本的な構成は以下の通り。

タイトルからはじまって、リード文をつけてあげます。

リード文は導入の部分にあたるため、キーワードから連想される悩みや不安を出してあげるといいでしょう。

「私も同じ気持ちです」「こんな人は多いです」など、共感できるような内容
を載せてあげることで、読み進めてくれる確率が高くなる可能性があります。

リード文が終われば、各見出しをつくってあげます。

この記事で言いますと、「SEOのコンテンツマーケティングとは確かな情報と価値を与えてあげること」が最初の見出しです。

最後が、「コンテンツの構成を決める」で終わります。

文字数が長くなると、最初に読んだことや途中の内容が抜けてしまうため、まとめで振り返るとベストです。

「あぁ、そういえばそんなこと書いてあったかな」となれば読んだかいがありますし、コンテンツを作ったかいもあるということです。

3.まとめ

今回は、SEO対策におけるコンテンツマーケティングについて、お話しました。

話の内容をまとめると、以下の通り
・むやみにサイト作りをするのではなく有益な情報を提供してあげる
・コンテンツマーケティングはGoogleの求めているものと一致する
・十分なリサーチがコンテンツマーケティングを完成させる

SEO対策では、コンテンツマーケティングはなくなてはならない存在と言えます。

特別な技術を必要としませんし、初心者でもしっかりリサーチすれば、ユーザーにとって有益な情報を提供することができます。

SEO対策で苦しんでいるのであれば、コンテンツマーケティングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*