アフィリエイトは稼げない?2000人のデータを検証した結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトは稼げると聞いた。でも、実際そんなおいしい話があるの?と半信半疑に思っていらっしゃる方は多いと思います。時間と労力をかけてやるからには、本当に稼げることをやりたいですよね。

今回、2000人以上のデータをもとに、実際にアフィリエイトで稼げるのかを検証しました。また、稼ぐ人の傾向から「アフィリエイトにおいて必要な要素・必要じゃない要素」を抽出しました。

この記事を読むと、今後アフィリエイトをやっていくのかどうか、正確に判断できるようになると思います。

1.2000人のデータで読み解くアフィリエイトの実情

1-1.アフィリエイトで稼ぐことは夢物語じゃない

NPO法人アフィリエイトマーケティング協会の調査によると、20%がアフィリエイトだけで生活できるレベルであることがわかります。同時に50%の人が月1万円も稼げていない現実があります。

アフィリエイト月収

収入無し:23.3%
~1000円:14.5%
1000-5000円:8.8%
5000-10000円:6.2%
1-3万:8.7%
3-5万:4.6%
5-10万:4.9%
10-20万:5.6%
20-50万:8.4%
50-100万:5.2%
100万以上:9.9%
(アフィリエイトマーケティング協会)

2割というと多いと思うでしょうか。半分失敗してるから稼げないと思うでしょうか。そこはあなたの感じ方にお任せします。

ただ、一つ理解していただきたいのはアフィリエイトで稼ぐのは夢物語ではないということです。

ただし、このデータは1年目の人も長く続けている人も金額というくくりでまとめられたデータです。つまり、多数の始めたばかりの人たちにより1万円未満の人数はカサ増しされている状態です。これらの相関関係についてもさらに検討してみましょう。

1-2.初心者アフィリエイターが稼げていない人の大半

同協会のデータによると、実に37%が経験1年未満であることがわかっています。

経験が長いほど稼げる額も多くなるのは、世の中のほとんどの職業で当てはまるでしょう。アフィリエイトも同様であるなら、全体の半分である収入1万円未満の人たちは大半が初心者であると推察されます。

1年未満 1年以上 2年未満 2年以上 3年未満 3年以上 4年未満 4年以上 5年未満 5年以上 10年未満 10年以上
37.4% 16.2% 11.3% 6.9% 5.8% 14.7% 10.3%

ただし、あくまでこれは経験が長いほど有利という仮定が正しければです。実際に正しいのか見ていきましょう

1-3.アフィリエイトは時間をかけただけ伸び続ける

別の法人からの引用ではありますが、下のデータをご覧ください。4年目までは時間をかければかけるほど稼げるようになる傾向にあります。

経験年数 収入無し 0-50万 50-100万 100万以上
1年未満 47.9% 50.4% 1.2% 0.5%
1~2年 17.9% 75% 3.6% 4.5%
2~3年 6.7% 73% 7.1% 13.3%
3~4年 8.3% 65% 6.0% 22.6%
4~5年 10.9% 62% 10.2% 17%
10年未満 13.5% 63% 7.0% 16%

時間をかけるほど稼げるようになる理由は3つあります。①記事数が多いほど検索に引っ掛かりやすくなる ②サイトの信頼性が時間経過で伸びる ③アフィリエイトに慣れる といったところです。これらの詳細や5年目以降で割合が減っていることについてはまた別の記事で解説しようかと思います。

ここで知っておいていただきたいのは、リタイアさえしなければどんどん成功に近づくという点です。正しい努力が正しく報われる業界とも言えます。

まとめ正しく努力を継続すれば確実にアフィリエイトで稼ぐことができる

とはいえ、正しい努力とはなんなのか。抽象的な言葉なので、しっかりと本質に沿って解説していきます。

2.稼げるアフィリエイターになるために必要なたった一つの本質

実は、アフィリエイトで稼ぐために必要なことはたった一つです。

「ユーザーの悩みを解決する最良の記事(体験)を作り、生活を変える」

これが本質です。ここが収益につながる要素のうちの9割です。残りの1割を広告、SNS活用、SEO、デザイン、ASPなどで分け合っているのが現実です。

なぜ、最高の記事を書くことが収益の9割につながるのか不思議ではないでしょうか。せいぜい3割程度、広告の方がはるかに大事だとお思いではないでしょうか。

実は、良い記事を書くと、googleが勝手に広告してくれている状態になるからアフィリエイトで稼げるのです。

2-1.googleは優しい!最高の記事を書く人の味方

最高の記事を書くことが、なぜ広告につながるのでしょうか。答えはgoogleの理念の1行につきます。

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。

Google が掲げる 10 の事実

これまでgoogleは度重なるアップデートを行ってきましたが、すべてのアップデートで共通しているのがユーザーにとって役に立つ記事を上位表示するという点です。上記の理念に基づいて行っているのでしょうね。

つまり、googleの方針通り良い記事を書くことが、検索上位を取り宣伝効果が最も高くなります。

一般のビジネスでは広告費は莫大な金額と労力がかかり、いいモノを作っても広告が下手だと売れません。ですが、アフィリエイトは良いものさえ作ってしまえばあとは勝手に広告してくれるのです。ある意味非常にシンプルな分野とも呼べるでしょう。

2-2.アフィリエイトにおける良い記事とは

では、アフィリエイトにおける良い記事というのはどういう記事でしょうか。

これこそが最初にお伝えしたことです。「ユーザーの悩みを解決し、生活を変える」そんな記事を作り上げることです。

そういう記事の場合、滞在時間が延び、リピート回数も増えてきます。滞在時間やリピート回数、多くの人にshareされた回数などがgoogleにとって良い記事と判断されます。それが多ければ多いほどどんどんサイトは強くなり、記事を書く以外のことは一切しなくても検索上位を独占できるようになります。

具体的な最高の記事の書き方はべつの記事でお話ししようと思います。お楽しみに

まとめ良い記事を書き続けることこそ、アフィリエイトで成功する方程式

アフィリエイトの世界は、かけた時間も大切ですが、それよりも何よりも品質が圧倒的に大事な世界なのです。雑多な記事が多い現状、良い記事があるサイトはブックマーク登録され、リピーターが増えます。その結果googleからの評価は上がりサイト自体の強さがどんどん上がっていく良いスパイラルを作ることができます。

3.まとめ

データでみると、アフィリエイトで稼ぐのは現実的に可能であることがわかっていただけたのではないでしょうか。

また、アフィリエイトで稼ぐうえで必要な本質もお話いたしました。あとは実践に移すのみです。実践していく中でわからないことが出てきたら、また当サイトで学んでいってください。もしくは、お問い合わせから質問ください。

今後、必要なノウハウはすべて書いていきます。お楽しみに下さいませ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*