Twitterの拡散されやすい「ハッシュタグ」つけ方ポイント3つ!企業の活用事例も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitterを利用してマーケティングを行いたい、あるいはすでに行なっている人の中には、

「ハッシュタグをうまく利用するにはどうすればいいか」

「ハッシュタグを使ってキャンペーンを行いたいけど、ハッシュタグの活用方法がよく分からない」

とハッシュタグの使い方や活用方法について悩んでいる人もいるかもしれません。

ハッシュタグは、よく分からないまま、なんとなく使っているだけでは、効果を出すのが難しいツールです。

そこで、本記事では、Twitterにおけるハッシュタグの利用方法について基本から実際の活用事例まで詳しく紹介していきます。

ハッシュタグを利用したことがない初心者の人でも、自身のツイートにどのようなハッシュタグをつければいいか理解することができますよ。

ツイートにうまくハッシュタグをつけて、多くのユーザーにツイート見てもらい、多くのフォロワーを獲得し、Twitterをビジネスに活用していきましょう。

1.ハッシュタグとは?

ハッシュタグとは、「#かわいい動物」や「#山手線」のようにツイートにつけられるタグのことで、キーワードやトピックを分類するために使われています

ハッシュタグをクリックすると同じハッシュタグのついたツイートを一覧で見ることができ、同じ趣味の人を探したり、情報収集をしたりするのに役立ちます。

元々は1人のユーザーが提案して使い始められた非公式のルールでしたが、2009年にTwitterが公式にハッシュタグ機能を取り入れることを開始しました。

Twitterだけでなく、Instagramや Facebookでも使われていて、うまく利用できれば、フォロワー以外の多くの人に自身の投稿を見てもらうことにつながります。

Twitterでは、「おすすめトレンド」によって、今現在、多くツイートされているトピックスについて知ることも可能です。

1-1.ハッシュタグをつけるメリット

多くのSNSユーザーがハッシュタグを利用していますが、ハッシュタグをつけるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

自身のツイートにハッシュタグをつけるメリットは、下記のようなものが挙げられます。

<ハッシュタグをつけるメリット>

  • 共通の趣味や話題を持つ人と簡単につながることができる
  • ハッシュタグ検索をしているユーザーに自身のツイートを見てもらいやすくなる
  • Twitterでのキャンペーンにおいて、利用できる

ハッシュタグをうまく利用することで、ツイートのインプレッション数(表示回数)が増えたり、いいねやフォロワーを増やしたりすることにもつながります。

また、企業によってはハッシュタグを利用してキャンペーンを行い、知名度を高めたりファンを増やし続けたりしているところもあるので、参考にしてみるといいでしょう。

ただ、ハッシュタグをつけたからといって、簡単に拡散されるようになるわけではないので、注意が必要です。

ユーザーに求められているツイートをコツコツ行っていく中で、サポート的にハッシュタグをうまく利用していくようにしましょう。

1-2.ハッシュタグの検索方法

他のユーザーがどのようにハッシュタグを利用しているかチェックするために、まずは、ハッシュタグの検索方法について覚えておきましょう。

1番簡単なのは、ツイート上のハッシュタグをクリックする方法です。ツイート上のハッシュタグはリンクになっていて、クリックすると検索欄にハッシュタグが入力され、一連のツイートをチェックすることができます。

次に検索欄にハッシュタグを直接入力して、検索を行う方法です。「#お昼ご飯」「#lunch」のように半角入力にて検索してみましょう。

「高度な検索」によってより詳細な検索をすることも可能です。

1-3.ハッシュタグのつけ方のルール

ハッシュタグのつけ方にはいくつかルールがあるため、はじめて使う時には戸惑う人もいるかもしれません。ハッシュタグの付け方のルールをサッと確認しておきましょう。

完全一致 検索は完全一致が求められているため、「#猫」と検索した際には「#ねこ」は検索結果には出てきません。ハッシュタグには英数字、ひらがな、カタカナ、漢字が使えます。
空欄を入れる ツイートの文章や他のハッシュタグとの間に空欄を入れることで、ひとつのハッシュタグと認識されます。
入力不可能なもの ハッシュタグ中に記号や句読点、スペースは含められません。また、数字だけのハッシュタグも作れません(例:#2019)

 

2.ハッシュタグのつけ方ポイント3つ

ハッシュタグのつけ方のルールを覚えたら、あとは実際に自分で色々使ってみることが大切です。

ただ、ハッシュタグのつけ方について基本的なことは理解できても、「自分のツイートにどのようなハッシュタグを使ったらいいか分からない」と具体的な想像ができない人もいるかもしれません。

ここからは、ハッシュタグをつけるポイントについて学び、「自分のツイートにどのようなハッシュタグをどれくらいつけるべきか」を理解していきましょう。

2-1.関連性が高いハッシュタグを利用

話題になっているハッシュタグを使えば、それだけ多くのユーザーにツイートを見てもらえることにつながります。

しかし、ツイートと関連性が低いハッシュタグを使用した場合、ユーザーに不快感を与えて逆効果になる可能性もあるでしょう。

ツイートと関連性が高いハッシュタグが思い浮かばなければ、「Hashtagify」というサイトを利用してみることをおすすめします。

検索欄にハッシュタグを1つ入れると、関連性の高いハッシュタグをいくつか提示してくれます。

例えば、「diet」と入力すると「weightloss」や「health」「fitness」が関連性が高く、人気のあるハッシュタグだと分かります。

関連性の高いハッシュタグをうまく利用することで、共通の趣味や話題を持つユーザーとつながりやすくなります。

共通の趣味や話題を持つユーザーは、自身のアカウントに興味を持ってくれ、フォロワーやファンになりやすいため、そこからビジネスにつながるチャンスも生まれるのです。

2-2.人気のハッシュタグを利用する

ユーザーがほとんど利用していないハッシュタグをつけても、多くのユーザーに自身のツイートを見てもらうという目的は達成できません。

そのため、ハッシュタグを利用する際には、なるべく人気のあるものを選んでつけるようにしましょう

人気のあるハッシュタグや話題は、Twitter上の「おすすめトレンド」や「ついっぷるトレンド」のようなサイトで確認することができます。

また、「hashtracking」や「Rite Tag」を利用して、特定のハッシュタグをつけたツイートの件数を調べることも可能です。

<Rite Tagの利用方法>

検索欄にハッシュタグを入力することで、ハッシュタグの評価をしてくれます。評価によって色分けがされていて、それぞれの色の意味は下記の通りです。

  • 緑:よく使われていて比較的短時間で閲覧される、利用をおすすめするタグ 
  • 青:少し時間はかかるがある程度閲覧されるタグ
  • 赤:使い古されたタグであるため、利用をおすすめしない 
  • 灰色:ほとんど利用されていないタグ 

緑か青の評価がされているタグを選ぶようにしましょう。

また、いくつかのハッシュタグにチェックマークを入れて、「Compare」をクリックすると、1時間あたりのツイート数やリツート数、インプレッション数を確認できます。

人気のあるハッシュタグは検索しているユーザーが多く、需要のあるものです。

ツールで検索した上でハッシュタグを利用し、ツイートが多くのユーザーの目に触れるようにしましょう。

2-3.ハッシュタグを多用しすぎない

ツイートには、関連性が高く、人気のあるハッシュタグを使うと、多くのユーザーの目に触れやすくなるでしょう。

ここまで説明した通り、ツールを使ってハッシュタグを考え、色々試しながら最適なハッシュタグを見つけてください。

ただ、ハッシュタグの多用しすぎには注意が必要です

Instagramではハッシュタグを大量につけているユーザーも多く、長い文章のハッシュタグも利用されています。それでもInstagramの性質上、特に問題はありません。

一方で、オープンなSNSで140文字の制限があるTwitterでは、Instagramのようなハッシュタグのつけ方は合っていません。

ハッシュタグを大量につけたり、長い文章のハッシュタグを使うと、ユーザーに不快感を与えてしまうでしょう。

さらに、ツイートと関係のないハッシュタグを大量に利用すると、スパムとみなされてペナルティーを受けてしまう可能性もあります

そのため、ハッシュタグは短い単語を利用し、2つまでの利用に抑えるようにしましょう。

Twitterヘルプセンターにおいても、下記のように推奨されています。

ツイートには好きなだけハッシュタグを使えますが、1つのツイートに使うハッシュタグは2つまでにすることをおすすめします。

Twitterヘルプセンター

3.ハッシュタグを利用したツイートの効果を検証

ツイートに関連性のある人気のハッシュタグを利用することをおすすめしましたが、ハッシュタグの効果を定期的に検証することも大切です

Twitterのハッシュタグは必ず効果があると言い切れるものではなく、ハッシュタグを利用しないほうがインプレッション数やエンゲージ率が上がったというデータも存在しています。

もちろん、ハッシュタグを使ったことによっていいね数やフォロワー数が増えたり、キャンペーンが拡散されたという事例もあります。

そのため、定期的な効果の検証によって、「どのようなハッシュタグを利用するべきなのか?」「どんなツイートの際にハッシュタグをつけると効果的か」といったデータを蓄積していきましょう。

例えば、同じ意味でも「#ソニー」と「#sony」では効果が違うかもしれませんし、ハッシュタグを文中に使用するのと文末に使用するのでも効果は変わってくるかもしれません。

色々試しながら効果を測定していきましょう。

Twitterアナリティクスや無料ツールを使って、Twitter分析を行いながら、最適なハッシュタグとのつきあい方を考えてみてくださいね。

▼詳しいTwitter分析の方法については、下記の記事をご参照ください▼

Twitter分析|アクティブフォロワーを3倍にする具体的手順

4.ハッシュタグのキャンペーン活用事例

ハッシュタグを使ってキャンペーンを行うと非常に盛り上がり、多くのユーザーに見てもらえるたり、自身のアカウントに興味のあるファンを増やしたりすることにつながります。

ハッシュタグが盛り上がり、Twitterの「おすすめトレンド」に掲載されれば、一気に拡散されるでしょう。

企業のアカウントではハッシュタグを使ったキャンペーンをよく行なっています。どのようにハッシュタグを利用しているのか、具体的な例をチェックしてみましょう。

ハッシュタグをつけてツイートすることで、割引チケットやプレゼントがもらえるキャンペーンは効果的です。上記、おすすめランチメニューの画像をアップするような、ユーザーが楽しめる企画を考えると良いでしょう。

Twitter広告を利用すると上記のような「カンバセーショナルカード」を利用することもできます。クリックひとつでハッシュタグをつけられるので、手間をとらせずユーザーの反応率も高まるでしょう。

感想を投稿してもらうことで、新商品に対する口コミを拡散させることができます。口コミを見たユーザーが企画に参加したり、新商品に興味を持ったりとうまく行けば大きな宣伝効果が見込めます。

5.ハッシュタグのキャンペーン以外の活用事例

ハッシュタグをキャンペーンにうまく利用すると効果的ですが、企業によってはその他色々な使い方をしている事例もあります。

キャンペーン以外のハッシュタグの活用事例をみていきましょう。

<情報整理のためのハッシュタグ>

Twitterは次から次へとコンテンツが消費されてしまい、後から見返すことが難しいという性質があります。

しかし、上記「#ユニクロイチオシ情報」のようなハッシュタグを使って、後からお得な情報などをまとめてみれるようにしておくことができます。

ツイートをハッシュタグで分類しておけば、ユーザーは興味のあるツイートだけをまとめて見ることができるのです。

<イベント参加者で盛り上がる>

イベントに参加した際にハッシュタグをつけて、共通の趣味を持つユーザー同士で盛り上がることもできます。人は好きなことを語りたいため、積極的にツイートをしてくれるでしょう。

このようにハッシュタグを利用して、イベントの宣伝、アカウントアピールをすることができます。

6.まとめ

本記事では、Twitterにおけるハッシュタグの利用方法について基本から実際の活用事例まで詳しく紹介しました。

Twitterにハッシュタグをつける際に大切なのは、

  • 関連性が高く人気のあるハッシュタグを利用すること
  • ハッシュタグは2つまでにすること
  • ハッシュタグの効果を検証し続けること
  • 企業の活用事例を参考にすること

でした。

本記事を参考に実際にハッシュタグを利用してTwitterを軌道に乗せ、ビジネスを加速させてくださいね。

ユーザーの達成目標
☑︎Twitterにおけるハッシュタグのつけ方について理解し、効果的に利用できるようになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*