SEO対策はアルゴリズムを理解することが重要!?Web初心者でも理解できる4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO アルゴリズム

社内で頑張ってSEO対策をしていると、がんばってもがんばっても検索順位が思うようにいかない。

社内の上層部からは、アクセスを上げろ、検索順位を上げろと言われ続け、参ってしまっているWeb担当者は非常に多いのではないでしょうか。

とは言え、出口がまったく見えない暗闇のなか、どうあがていても改善がされない。

なぜなら何が正解で何が不正解なのかが解りづらいからです。

そこでSEOで大きな指標になるのがGoogleのアルゴリズムによる検索順位の変動です。

ここでは、Web初心者でも解る、Googleのアルゴリズムについて少しでも理解できるようなお話をします。

ぜひ、参考にしてみてください。

1.アルゴリズムを制する者はSEO対策を制する

SEO アルゴリズム

SEO対策をしていると、よく耳にすること、それがアルゴリズムではないでしょうか。

しかし、アルゴリズムと聞くとなんだかとっても難しそう。

そう思ってしまうのは仕方がありません。

なぜなら、アルゴリズムというのは目に見えないものだからです。

そもそも、アルゴリズムとはどういうことういうことを意味するのでしょうか。

Googleアルゴリズムとは、簡単に言いますと検索順位を決める方針(ルール)のようなものです。

なんでもそうですが、ルールが定まっていないと良いものが悪くなったり、悪いものが良くなってしまうことも。

また無法地帯になると、何もかもぐちゃぐちゃになってしまい、検索するユーザーもわけがわからなくなってしまいます。

それらをしっかり正すために、アルゴリズムが存在しているというわけです。
つまり、アルゴリズムがないと検索順位を決めることができなくなります。

たとえば、Googleの検索窓で「コーヒー おすすめ」で検索したときに、紅茶のおすすめばかりがヒットしたらどうでしょうか。

どう考えても、ユーザーはパニックになってしまいますし、今後Googleを利用することも少なくなるはずです。

それらのキーワードと検索順位を完全一致させるために、アルゴリズムが動いてくれるというわけです。

検索順位を正しく決めてくれるアルゴリズムは、つまり「Googleのアルゴリズムを制する者はSEO対策を制する」です。

1-2.最近頻繁にあるコアアルゴリズムアップデートとは

インターネットが世の中に浸透してきたころから、様々なアップデートが繰り返されてきました。

それは、Googleのアルゴリズムの変動によって細かくアップデートされているからです。

そのなかでも、頻繁に行われているのがコアアルゴリズムアップデートです。

このコアアルゴリズムアップデートがされるたびに、ネット上はお祭りのようになるほど注目を集めています。

なぜなら、コアアルゴリズムアップデートによって、検索順位が予想以上に前後するからです。

極端な話、いままで検索順位が10位から動かなかったのに、コアアルゴリズムアップデートのおかげで1位になった、なんてことも。

逆に、1位だったのにいきなり翌日には10位になることもあります。

だれもが予想できないことが突然起こってしまうため、非情に恐ろしいことです。

もし、そのキーワードで売り上げが成り立っている会社であれば、どうなるでしょうか。

検索順位が1位であれば、問題ありませんが、10位や20位になった場合は、売り上げが成り立たなくなってしまいます。

2.Googleのアルゴリズムによるアップデートは重要度が一番高い

SEO アルゴリズム


Googleの検索結果を向上させるために、過去にさまざまななアルゴリズムアップデートが繰りかえされてきました。

たとえば、有名なアルゴリズムアップデートで言えば、ペンギンアップデートや、パンダアップデートではないでしょうか。

もともと、Googleの検索結果というものは非常に無法地帯でした。

2-1.パンダアップデート

それらを正すために行われたのが、2012年にあったパンダアップデートです。

パンダとは一見ふざけた名前ですが、このアップデートはWebに関わる人たちにとって、大きな衝撃を与えました。

このパンダアップデートとは、質の悪いコンテンツを上位表示にしないためのアルゴリズムアップデートです。

今までは、なぜこんなサイトが上位表示しているのだろう、というようなものが大量にありましたが、パンダアップデートにより、徐々に減少してきた背景があります。

低品質のサイトが出回っていると、どのようなことが起きてしまうのでしょうか。

たとえば、病気の治療法を真剣に探していたとします。

たまたま、適当に作ったようなサイトが上位表示されていたとしたらどうでしょうか。

治療法を知りたいユーザーからすれば、上位表示されているし、これは真実の情報だと勘違いしてしまうわけです。

極端な話、毒を飲んだら病気が治りますという文章を読んでそれを実行された場合、大変なことになってしまうのは、誰の目を見ても明らかです。

そのような、虚偽の情報が出回らないためにも、質の悪いコンテンツを排除しなければならないのです。

Googleにはその責任があります。

そういうサイトがどんどん増えてくると、Googleの信用がなくなりますし、訴えられる可能性もあります。

そんなデメリットしかないものは、1分1秒でも排除したいのがGoogleの思いでもあるということです。

2-2.ペンギンアップデート

同じ年にペンギンアップデートもありました。

こちらもパンダ同様にふざけた名前ではありますが、SEOの歴史に残るくらいのアルゴリズムアップデートでもありました。

ペンギンアップデートとは、低品質なリンクやスパムを徹底的に排除するためのアルゴリズムアップデートのことを表します。

低品質なリンクとは、主に自作自演の被リンクのこと。

つまり、ブラックハットSEOと言われる手法で、被リンクを設定してしまうと、検索順位を落とされてしまうということです。

もともと被リンクがあればあるほど、サイトの評価は高まりました。

しかし裏を返せば、自分で別サイトを作りそこからメインサイトに被リンクをあてるだけでも、効果を発揮していたという、馬鹿げた時代があったのも事実。

どんなに価値のないサイトだったとしても、それさえやってしまえば、上位表示できてしまったというわけです。

これは、どう考えてもユーザーのためではなく、自分自身の利益のためだけにやっているということが解るのではないでしょうか。

そういう悪質なサイトが大量に存在していたため、ペンギンアップデートによってかなりの数のサイトが消滅しました。

また、その時代に流行した相互リンクもそう。

被リンクをつけるので、そちらも被リンクをつけてください。

これでWin-Winの関係になれることもあることから、相互リンクもSEO対策には効果的でした。

しかし、この相互リンクも今や意味のない対策になってしまいました。

これもペンギンアップデートのおかげといっても過言ではありません。

2-3.モバイルファーストインデックス

ここ最近で、アルゴリズムが大きく変わったのが、モバイルファーストインデックスというものでした。

それまでは、スマートフォンが普及していなく、ガラケーかパソコンでしかインターネットは見れませんでした。

当然、Googleもパソコンに指標をおいていたため、何事もパソコンで作られたサイトが評価をされていました。

しかし、すい星のごとくあわられたスマートフォンによって、そのアルゴリズムが大きく変わることに。

なぜなら、今ではパソコンよりもスマートフォンからの検索が圧倒的に多いからです。

そうです、パソコンの立場が逆転してしまったということです。

また、ガラケー用のサイトはもはや語ることもないほどになりました。

もちろんGoogleとしても、ユーザー数が圧倒的に多いスマートフォンにシフトチェンジ。

そして、モバイルファーストインデックスが発表されたというわけです。
それは、パソコンで閲覧するために作れたサイトは検索順位を落とし、スマートフォン用に作られたサイトは、評価の対象にするというものでした。

3.アルゴリズムを知りながら将来的にベストなSEO対策をするためには

SEO アルゴリズム

もし、SEO対策を続けていくのであれば、このアルゴリズムやアップデートについていかなければなりません。

3-1.Googleから発表されているアップデート情報をつねにチェックしておく

今後絶対にしてほしいことは、Googleから発表される情報はしっかりチェックしておくことです。

とは言っても、基本的にはGoogle本社から発信されるため英語表記のみとなってしまいます。

そこで、Googleからの公式発表をしたのちに翻訳してくれている、日本のサイトを利用することです。

こういうサイトは、かなりマニアックではありますが、Googleの新鮮な情報を仕入れておくことで、細かなアルゴリズムの変更やアップデートに迅速対応できるというわけです。

また、常に新しい情報が発信されるため、しっかり勉強をするということも大切です。

なぜなら1年前は効果があったSEO対策が、1年後には通用しないなんてざらにあるからです。

このような情報収集が、今後サイトが生き残れるのかそうでないのかが分かれてしまいます。

3-2.アップデートされてもブレないSEO対策をしておく

コアアルゴリズムアップデートが頻繁に繰り返されているなかで、それらにひとつひとつ対応していては、身が持ちません。

それようにサイトを作りかえたのに、翌月にはそれがダメになっている。

つまり、時間もお金も無駄になってしまうということです。

しかし、頻繁にアップデートが起きたとしても、問題ないような対策を中心に行っていくべきです。

たとえば、ユーザーファーストのサイトを作ること。

各ページをスマートフォンでも見やすく編集したり、ページスピードを上げたり。

これらはSEO対策の基本中の基本ですし、アップデートによってなくなる可能性は低いと言えます。

スマートフォンでサイトを見づらくしよう、ページスピードを遅くしよう、なんてGoogleが発表するでしょうか。

ですから、絶対に大丈夫と言う項目だけをしっかり対策しておくことで、Googleに振り回されることはなくなります。

3-3.検索順位は毎日かならずチェックする

SEO対策をするにあたり、絶対にやってほしいことがあります。

それが検索順位を毎日チェックすることです。

検索順位は、しばらくすると一定を保ちますが、そのときに気がゆるんでしまうもの。

しばらくは大丈夫だろう、そう思ってしまうわけです。

しかし、その一瞬の気のゆるみがあとあと痛い目をみてしまいます。

1カ月後に検索順位をチェックしてみたら、予想以上に下がっている、なんてことになったらシャレになりません。

いつ、検索順位が下がったのかも解りませんし、そのあいだに色々改善もできたはずです。

また、検索順位が上がることもあるため、絶対に毎日チェックしておくことをおすすめします。

3-4.検索順位が大きく下がったらペナルティチェックをして即修正する

検索順位が日で1位や2位くらいの上下は、許容範囲と言えます。

しかし、いきなり5位や10位以上下がったのであれば、何かしらのペナルティを受けてしまった可能性があります。

もちろん、サイトを見てもどこがペナルティなんかは解りません。

そこで、Googleサーチコンソールの出番です。

サーチコンソールは、Googleが無償で提供しているツールで、ペナルティなどの情報をおしえてくれるものでもあります。

とくに、モバイルユーザビリティやカバレッジの項目はしっかりチェックしておきましょう。

もし、ひとつでもエラーがあった場合はサーチコンソールの指示に従い、速やかに修正対応しておくべきです。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

・SEOのアルゴリズムは頻繁に更新されている
・アップデート情報は常に最新のものを頭にいれておく
・アップデートされても支障のないSEO対策をする

正直、Googleのアルゴリズムそのものを理解するのは非常に難しいです。

ですが、ユーザーのことをしっかり考えてSEO対策をすれば、アップデートに振り回されることなく、しっかり上位表示ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*