SEOのメリットは計り知れないほど大きい!?今スグにやるべき対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO メリット

どのサイトも立ち上げたら絶対的に必要なもの、それがSEO対策です。

SEO対策をしてみたいが、その先の効果が全然見えないし、やる価値はあるのかと考えてしまう人は非常に多いのではないでしょうか。

たしかに、SEO対策をしたところでスグに効果がでるものではないため、とてもやっかいなものです。

そこで、実際どれくらいのメリットがあるのかを見ていきましょう。

1. SEO対策をすることによる大きなメリット

SEO メリット

結論から言いますと、SEO対策をすることはメリットしかありません。

もはや、サイトを立ち上げてしまった以上、アクセスも増やさないといけないですし、商用サイトであれば問い合わせも増やさなければなりません。

そこでとても重要になってくるのがSEO対策というわけです。

ここからは、SEO対策をしたことによるメリットについて見ていきましょう。

1-2.アクセスが飛躍的にアップする

サイトを立ち上げるということは、何かしらの目的があるから行動しているわけです。

自分のことを知ってほしい、商品のことを知ってほしい、問い合わせが欲しいなど。

そして一番身近に感じられることが、アクセス数です。

単純にサイトを立ち上げただけではアクセス数は増えませんが、SEO対策をすることで何かしらの変化があらわれます。

それがアクセス数に関することです。

SEO対策がうまくいくと最も効果として感じられること、それがサイトのアクセスが飛躍的にアップすることではないでしょうか。

せっかくサイトを立ち上げたのに、アクセスが全然ないと、モチベーションは下がるし更新する気もうせてしまうはず。

ですが、SEO対策で需要のあるキーワードで上位表示が叶えば、予想以上にアクセスがアップします。

アクセスがアップすればどんな人でも嬉しいですし、今後のやる気にもつながってくるのではないのでしょうか。

SEO対策をするのは簡単ではないからこそ、1でも2でもアクセスが増えれば喜ばしいものです。

1-3.売り上げや問い合わせが増える

自社サイトが商用、つまり何かを売るようなものであれば、できるだけ問い合わせや注文を増やしたいものです。

もはや、商用サイトはそれがいちばんの目的で作られたといっても過言ではありません。

しかし、残念ながらすべてのサイトにアクセスが集まるわけではありません。

例えば、全然更新しなかったり昔ながらの古いデザインだったり。

その場合は、Googleからの評価が全然されないため、半年経っても1年たっても問い合わせが少ないという状況に陥ってしまいます。

ですが、しっかりSEO対策を行うことで徐々に評価が高まり、気づけば主要なキーワードで上位表示になることができます。

つまり、上位表示にさえなれば問い合わせや注文が殺到して、売上も右肩上がりになるというわけです。

基本自社でSEO対策をすれば、通常の人件費以外にお金はかかりません。

こんなにお金のかからない集客方法は、ほかにはありません。

1-4.サイトの知名度が上がる

SEO対策が功を奏し、アクセス数が飛躍的にアップすると、どんなことが起こりえるのでしょうか。

もちろん、売上も問い合わせも増えることには間違いありませんが、根本的にサイトの知名度が上がります。

ようするに、ブランディングもかねてSEO対策ができるというわけです。
このサイトの知名度がアップすると、どういうことが想定できますでしょうか。

実はSEO対策は今日まで良しとされていた対策が、来月にはダメになってしまう可能性があります。

正直、検索順位が下がりすぎてアクセスが減少すれば精神的にダメージを負うことになります。

売上も問い合わせも減少し、にっちもさっちもいかなくなってしまうというわけです。

しかし、サイトの知名度があればほとんどの人は、ブックマークに追加してくれるため、万が一のことがあってもリピーターだけは帰ってきてくれます。

リピーターということは、初回に対応の良さや商品に満足度が高いということの表れでもあります。

つまり、検索順位が下がったからという理由だけで、ほかの店に訪問することは限りなく少ないということです。

また、サイトの知名度さえ上がれば、サイト名で検索してくれる人も増えるため、SEO対策は非常にメリットがあるといってもいいのではないでしょうか。

2. SEO対策をすることによるデメリット

SEO デメリット

SEO対策にはメリットばかりしかなさそうですが、実はデメリットもわずかながらあります。

ここからは、SEO対策をするにあたってのデメリットについて見ていきましょう。

2-2.初心者はSEO対策を勉強しないといけない

どんなものでもそうですが、しっかり極めようと思ったのであれば勉強をしなければなりません。

それはSEO対策にも当てはまるのではないでしょうか。

とは言っても、プログラミングやコーディングのようにちゃんとした教科書が割るわけではありません。

なぜならGoogleの仕様は携帯料金プランのごとく複雑で、しかもコロコロ内容が変わると言う曲者だからです。

SEOの基礎的な参考書を購入したとしても、そのものがすでに情報が古いということもあります。

だからこそ、極められる人が少ないからこそやる価値があるというわけです。

しかも、意外に難しいと思いきやWebの初心者でもなんとかSEO対策の知識を身につけることだってできるわけです。

それは、一般の主婦や学生がブログで稼げているように、それ以上にWebに触れているものからすれば、容易なこと。

ただし、いちどコツをつかんだとしてもやはり、Googleの気分で内容は変わるため、常に勉強するという気持ちで挑まなければなりません。

2-3.効果が出るまでに時間がかかる

SEO対策のもっとも苦しいこととして、効果が出るまでに非常に時間がかかっててしまうことがあげられます。

たとえ100%のコンテンツを作ったとしても、Googleに評価をしてもらわなければ絶対に上位表示をすることはできません。

普通のサイトであれば、ほとんどの場合Googleに評価されるまでに3カ月から半年はかかります。

正直、そのコンテンツが当たるかどうかも解らないのに半年も待たないといけないと言うのは、非常に心苦しいものでもあります。

しかも、キーワードによっては競合が多すぎた場合、ぜんぜん上位表示されないことがよくあります。

また、すぐに上位表示されたけれども、キーワードそのものに需要がなくアクセスがなかったなんてことも考えられます。

2-4.効果がでないことが多い

SEO対策をすれば、必ず効果がでればいいですが、ほとんどがそうではありません。

それは、SEOの専門家だったとしても苦戦してしまうほど。

Googleからの見えない方針に付き合わされ、対策しても一向に効果が出ないなんてことにも。

また、半年ならかろうじて我慢できそうですが1年たっても何の成果もない場合、これまでの時間は無駄に終わってしまう可能性もあります。

さらに、Googleの上位表示といわれる1位から10位は、トータル10席しかありません。

難易度の高いキーワードになればなるほど、上位表示を狙う競合が増え、さらに苦戦を強いられることでしょう。

3 問い合わせや売り上げにつながるSEO対策をするためには

SEO メリット

せっかくサイトを作ったのであれば、早急に問合せや売上アップをしなければなりません。

そこでSEO対策が急務になってくるわけですが、実際のところどのようにして進めていけばいいのでしょうか。

3-2.キーワード調査を徹底的に行う

サイトを作る前の構成段階からやっておくべきこと、それがキーワード調査ではないでしょうか。

なぜならキーワードの選び方によって、大きくSEO対策の方向が変わってくるからです。

また、あらかじめキーワードの調査をしておくことで、上位表示が狙いやすいのかそうでないのかの判断もつきます。

キーワードの調査の仕方はとっても簡単。

Googleのキーワードプランナーを利用することで、即キーワードの重要度がわかります。

例えば、「カバン メンズ」で検索順位の上位表示をしたいとしましょう。

そのキーワードをそのまま、キーワードプランナーに入れてみましょう。

すると、あることがわかります。

それが、各キーワードの検索ボリュームと難易度です。

検索ボリュームは、1ヵ月でだいたいこれくらい検索されているであろう、という数値を。

そして難易度は、その名の通りどれくらい上位表示が難しいかをはかるものです。

月間検索数が全然なくて、難易度が艇の場合はどういうことが予想されるでしょうか。

答えは、キーワードの需要がまったくない、ということです。

カバン メンズで見ると、月間検索ボリュームは1000~1万

かなり数字に開きがあり不安ですが、だいたいのイメージはつくはずです。

また、難易度は高ということもあり、競合がたくさん狙っているキーワードということも同時にわかります。

3-3.競合調査をして穴を見つける

しっかりキーワードの調査ができれば、次に競合調査をしましょう。

たとえば、どうにもならなさそうな巨大なサイトだった場合、なかなか太刀打ちできない可能性があります。

そんな巨塔に勝とうと思ったのであれば、莫大な時間とお金がかかりますし、なにより異常なくらいのスピード感をもたないといけません。

まずは、競合サイトを1ページ1ページチェックしてみましょう。

コンテンツとして穴はないのか、利便性はどうなのかをチェック。

じっくり見てみると、競合サイトにも穴があることも多々あります。

ページ数は多いのに、ひとつひとつのボリュームが少なかったり、内容が薄かったり。

つまり、そういう箇所があれば自分のサイトはそれ以上の質にすればいいだけです。

あとは、Googleと訪問したユーザーが判断してくれます。

3-4.できれば毎日何かしらの更新をする

どんなサイトでも質が大切です。

たしかに強力なコンテンツがひとつあれば、かなり有利になりますが、ある程度の量も必要です。

なぜなら、最初の段階だとどのコンテンツが上位表示できるのかがわからないからです。

そのため、毎日更新する必要があります。

ページ数を増やし、しっかりサイトとして確立していくことで、よりGoogleからも認められるでしょう。

ですが、低品質なコンテンツは絶対にNGです。

たとえば、簡単な用語集だったり、写真だけの事例などはアップするだけ無駄に終わる可能性が高いです。

しっかり内容の濃いコンテンツ作りを意識しましょう。

3-5.検索順位をチェックして対策を考える

コンテンツをインターネット上にアップすると、しばらくしたら検索順位に動きがあります。

検索順位がスムーズに上位表示できればいいですが、すべてがすべてそうもいきません。

どうしても検索順位がうまくいかない場合が9割以上あるはずです。

そのときには、どうやって上位表示をするのかを考えなければなりません。

いちばん簡単にできる方法は、やはり指定のキーワードで検索して上位表示をひたすらチェックすることです。

足りていないコンテンツはないか、過剰に作っていないのかをチェック。

穴が開くほど競合サイトを見ていると、ここが足りないからもう少しこうしたほうがいいかも、というイメージが浮かんでくることでしょう。

もし、なにかしらの穴が見つかった場合は後回しにせず、迅速に対応するべきです。

なぜなら、検索順位の基準はコロコロ変わるからです。

今ならこのコンテンツが上位表示に必要かも、と思っても来月になるとそれが通用しなくなる可能性があるからです。

知らずに、そのままアップした場合、いままで調べた時間は何だったんだ、となるに違いありません。

また、ある程度露出しているコンテンツであれば、なにかしらの修正を加えた場合、短期間で検索順位の変動も期待できるため、思い立ったらすぐに行動するようにしましょう。

まとめ

ここまでのことをまとめると、

・SEOにはメリットもあるがデメリットもある
・キーワードと競合調査をしっかりすることで上位表示が叶う
・検索順位が上がらないのならリライトや編集を即座に行う

SEO対策はデメリットもありますが、確実にメリットのほうが多いです。

むしろSEO対策をやらないほうがとんでもなくリスクがあるため、早急に行動してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*