初心者でもサクサク書ける!Webライティングのコツ9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Webサイト記事の担当になったけどライティング方法が分からない」

「ネットショップの商品説明がどうもうまく書けない」

「Webライターとして仕事をしたいけど、ライティングをどう進めればいいか分からない」

のように、Webライティングに関する悩みを抱えている方も多いでしょう。

Web上にはアフィリエイト記事やコラム、インタビュー記事など様々な文書がアップされていて、Webライティングに関わる人も増えてきました。

「文章を書く」こと自体は経験したことがあっても、いざ書き始めてみると、最後まで読ませる文章を書くのは意外と難しいと感じるでしょう。

Webライティングにはコツがあるので、コツを押さえているかそうでないかで記事の出来は変わってきます。

そこで、本記事では、Webライティングのコツについて紹介していきます。

Webライティングが始めてでも、本記事を参考に順を追って記事を完成させていけば、ユーザーやクライアントの求める記事が書けるようになるでしょう。

1.Webライティングの特徴

Webライティングとは、「インターネット上に掲載する文章を書くこと」ですが、Webライティングならではの特徴があります。

特徴をつかむことで、「Webライティングにとって大切なこと」を理解しやすくなるので、確認しておきましょう。

1-1.SEOについて理解しておくことが前提

Web上の文章は、ユーザーのために書いているものではありますが、googleのAIによってもチェックされています

googleの評価があがることで、検索順位が上がって、多くのユーザーに記事を見てもらえるようになるのです。

もちろんユーザーの役立つ記事を書くことは、googleの評価にもつながっているため、小手先のテクニックだけのユーザーを無視した記事に仕上げることはおすすめしません

ただ、キーワード選定のようなSEOの基礎については一通り理解しておくようにしましょう。

SEO対策は小説や新聞などの紙上の文章にはない、Webライティングならではの必要な知識といえます。

1-2.Webの文章は読み飛ばされる

Web上の文章は小説や雑誌のようにじっくりと読んでもらえるものではありません。

スマホやパソコンで自分の欲しい情報だけ、サッと読まれる文章であることが大きな特徴になります。

そのため、ユーザーは記事を最初から最後までじっくり読むのではなく、飛ばし読みをすることがほとんどです。

Webライティングを行うときには、ユーザーが飛ばし読みをすることを前提に「この」「その」といった略語をなるべく使わないように注意しましょう。

また、目次から自分にとって必要な章に飛ぶことも多いため、途中から読んでも理解できるような記事に整えておくことも大切です。

1-3.スマホで読まれることを考えてライティング

記事の内容にもよりますが、インターネット上の記事は、PCで読まれるよりスマホで読まれることの方が多いでしょう。

そのため、スマホで読まれることを考えたライティングを行う必要があります。

具体的には、「1文をなるべく短く切ること」と、「文章をぎっしりと詰め込まない」ことに注意しましょう。

インターネット上にアップした後に、スマホで自分の文章をチェックして、調整していくことも大切です。

2.Webライティングのコツとは?

ここからは、「ライティングの準備から校正までの流れ」と「ライティングのコツ」について解説していきます。

当たり前のことに思えても、意外と実践できていないこともあるかもしれません。しっかり確認していきましょう。

2-1.ライティングの準備

実際にライティングに取り掛かる前にしておきたい準備について説明していきます。

いきなりライティングを始めると、ユーザーに「何を言いたい記事なのか?」と思わせる一貫性のない文章になってしまうことがあります。

また、ライティングの準備をしっかりしておくことで、スムーズに文章を書き進められて、結果としてライティングにかかる時間も減らすことができるのです。

事前準備もライティングの実践と同じくらい大切と考え、ひとつひとつ確認していきましょう。

2-1-1.ライティングの目的を明確にしておく

まずは、ライティングの目的を明確にしましょう

ライティングの目的とは、例えば、

  • 商品販売につなげたい
  • ユーザーに新しい知識を得てほしい
  • ユーザーに何らかの行動を促したい

などのことです。

「ニキビにおすすめの化粧品を買ってもらいたい」が目的であれば、記事における商品説明の箇所を厚くして、化粧品の使用感や口コミについても書いた方がいいと考えられますよね。

「ニキビができる原因を理解してもらいたい」が目的であれば、ニキビの原因をいくつかに分け、それぞれ図などを入れながら分かりやすく説明することに注視した方がいいと考えられます。

このように、ユーザーにどのような行動をとってもらいたいのかを意識することで、どのような内容を書くか、どこまで書くか、削れる文章はどこか、図を使った方がいいか、などが明らかになってくるのです。

2-1-2.ユーザー(読者)像を想像する

自分が書いた記事を読むユーザー像を想像してみましょう

若い女性に向けた文章と退職後の男性に向けた文章であれば、文章の雰囲気を変えるべきというのは容易に想像できると思います。

例えば、「ニキビにおすすめの化粧品を買ってもらいたい」目的で、ニキビに関する記事を書くのであれば、

  • 20代の女性
  • ニキビに悩んでいる
  • 毎日残業で疲れていてスキンケアに時間がかけられない
  • 色々なスキンケアを試してきたけど効果がない

など経済状況やどこに住んでいるといったところまでユーザー像を想像してみるといいでしょう。

ニキビに関する記事を読むユーザーを上記のように想像すれば、「時間がかからず効果が期待できることをリード文で主張すると、本文を読んでくれそう」といった想定ができますよね。

このように、ユーザー像を想像することで、柔らかい文章がいいのか硬い文章がいいのか、何を重視しているのかといったことが分かり、ライティングに役立ちます。

ユーザー像をきっちり想定していないと、必要のない情報を書いていたり、ユーザーの知らない専門用語を無意識に使っていたりということもあるでしょう。

ユーザー像を想像することで、ライティングにおいて忘れてはいけない、記事を読む「人」がいるということが意識できます。そして、自分本位な記事ではなく、「ユーザーにとって」有益な記事を書くことにつながるのです。

ライティングにおいては、ユーザーを意識することを忘れてはいけません。

2-1-3.伝えたいことを整理しておく

ライティングの準備の段階で、「1番伝えたいことは何か?」について考えておきましょう

「色々な情報を提供したい」という気持ちもあるかもしれませんが、ユーザーは1度読んだだけでは多くの情報を受け取れません。

また、多くの情報を記事に詰め込みすぎると「結局何が言いたいのかよく分からない」とユーザーに思わせてしまうこともあります。ユーザーの時間を無駄に奪う記事は、いずれ誰にも読まれなくなってしまいます。

そのため、記事の最初から最後まで、1番伝えたいことを意識してライティングを進めていくようにしましょう。

2-2.ライティングの実践

ライティングの準備をした後は、いよいよライティングの実践に入っていきましょう。ライティング実践におけるコツについてお伝えします。

2-2-1.結論は1番最初に書く

基本的に、1行目に結論を書くようにしましょう

ユーザーは「読む価値がある記事かどうか」の判断を一瞬でしていることが多く、最初の数行で自分が欲しい情報がなければすぐに離脱してしまいます。

特定の個人から得られる希少な情報でない限り、ユーザーは「他のサイトを見ればいいや」と思うのです。

さらに、無駄ことばかりを書いて、結論までを引っ張るような文章では、ユーザーから信頼を得るのも難しいでしょう。

そのため、1行目にユーザーが知りたい結論をズバリ書いて、根拠や補足を2行目以降に記載します。

1行目でユーザーの心をつかみ、信頼を得られれば、次の行以降も読み進めてもらえる可能性が高くなるのです。

2-2-2.分かりやすく読みやすい文章を心がける

分かりやすく読みやすい文章を心がけるようにしましょう。よく言われるのは、小学5年生でも分かるような文章を書くということです。

Webライティングでは、小説のように芸術的な言葉を使う必要はありません。

芸術的な言葉より、「より簡単で分かりやすい言葉に置き換えられないか」を常々考えながらライティングを進めていきましょう。

分かりやすく読みやすい文章を書くために、いくつかのポイントがあります。下記のリストを確認しておいてくださいね。

<分かりやすく読みやすい文章のポイント>

専門用語を使わない(小学5年生でも理解できる文章)
・1文をなるべく短く書く
表記揺れをなくす(「スキンケア化粧品」「化粧品」「商品」「スキンケア用品」など同じものをいくつもの表現で指さないようにする)
・無駄な文、遠回しな文を削除して、簡潔に書く
漢字を多く使いすぎない
具体的に書く(「昔は~」→「戦後の時代には~」)
・説得力をアップさせるため根拠を書く
・「ここまでのまとめ」などでユーザーの理解をサポート
・写真やイラストをうまく使う

2-2-3.ユーザーの共感を誘う文章を入れる

単調で長い文章が続くと、どんなに有益な情報が書いてあってもユーザーは飽きてしまいます。

そのため、感情を動かすような共感を誘う文章を入れて、ユーザーの心を記事にぐっと惹きつけましょう

「そうそう、私もそう思う!」と共感してもらえると、自分ごととして続きを読んでもらいやすくなるのです。

例えば、カギ括弧を使ったり、~だと思いませんか?と相手に訴えかける表現を使ったりしてみるのがおすすめです。

<例>

・「ニキビをどうにかしたい」「忙しい中スキンケアでニキビをケアしたい」と考えている方におすすめしたいのが~

・ニキビをどうにかしたいけど、なるべくお金はかけたくないと思っていませんか?

「やや文章が単調になっているな」と感じたら、共感を誘う文章を間に入れ込み、最後までユーザーを記事に惹きつけるようにしましょう。

2-3.ライティングの校正

ライティングが終了したら、校正を行いましょう。ライティングが終了すると「終わった~」と開放された気分になってしまいますが、最後まで気は抜けません。

誤字脱字をチェックするのはもちろんのこと、記事の質を高められないかを最後まで考えてみてください。校正もライティング実践と同じくらい大切と考え、しっかり行なっていきましょう。

ライティングの校正についてのコツをお伝えします。

2-3-1.客観的に記事をチェックする

自分でライティングした記事を客観的にチェックしてみましょう

ただ、自分の思い込みや常識をベースに書いた記事を、客観的にチェックするのは難しいことです。

そのため、

  • 一晩寝かせて、新鮮な気持ちで翌日に読んでみる
  • ユーザー像に近い友人に読んでもらう

など、自分の記事を客観的にチェックする方法を考えましょう。

誤字脱字はもちろんのこと、ユーザーに勘違いを促すような文章はないかについて、できれば自分以外の方にダブルチェックをしてもらうことをおすすめします。

2-3-2.余計な文章をカットする

内容が同じ文章や、遠回しな文章を最後にカットしていきましょう

「忙しい現代人がスマホやPCでさっと読むインターネット上の記事」という特性を考えると、記事の文字数は多いより少ない方がいいです。

そのため、なるべく文章を短くできないかどうかを最後まで考える必要があります。

具体的には、言い回しが遠回り過ぎたり長くなりすぎたりする文章を短く簡潔にできないかどうか、同じ内容を違う言い回して繰り返し書いている文章を削除できないかどうか、最終チェックをしましょう。

2-3-3.文章のテンポをチェック

テンポよく読める文章かどうかをチェックしましょう

毎回同じ単語から文章が始まっていたり、続きの文章の語尾が同じだったりすると、テンポが悪く、読みにくい記事になってしまいます。


<例>

・毎回同じ単語から文章が始まっていないか?
ニキビの原因は~、
ニキビは、~
ニキビは、~

・同じ語尾が続いていないか?
~になります。
~になります。
~になります。

上記のような読みにくい文章になっていないか、最終チェックをしてみてくださいね。

3.まとめ

本記事では、Webライティングのコツについて紹介しました。

Webライティングの特徴やコツについて理解し、自分本位ではなく、ユーザーが満足する記事を書くことを意識してライティングを進めてみてください。

常に読むユーザーのことを考えてライティングを進めていけば、最後まで読まれる、長く読まれる記事を書けるようになるでしょう。

本記事を読んだユーザーの達成目標

☑︎ライティングの流れとコツについて理解する
☑︎ユーザーやクラインアントが求める記事を書けるようになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*